子供によって違う小児アレルギーの症状

アトピー少年イラスト

のどのかゆみ

唇の腫れ

目のかゆみ・充血

呼吸

喘息の症状(ぜいぜい・ヒューヒュー・咳・呼吸困難)

くしゃみ・鼻水・鼻づまり

乾燥・かゆみ・じんましん・湿疹

胃腸

腹痛・嘔吐・下痢・便秘

 

小児アレルギーが原因で引き起こされる病気

くしゃみ女性イラスト

  • 食物アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎

小児アレルギーの治療法

鼻呼吸にする

ホコリをすう女性
本来は、鼻で呼吸することが正しいです。
それなのに、口で呼吸するクセがついてしまうと小児アレルギーの原因となっている可能性があります。


鼻で呼吸することは、空気中のホコリやウイルス・菌などをキャッチして体外へと排出します。
さらには、加温・加湿まで行ってくれます。
これが、口呼吸だとそのまま喉にホコリやウイルスや菌が直接いきます。
そうなると、白血球が反応してしまい、それらが全身へめぐり、結果小児アレルギーを引き起こす可能性があるのです。
更に、冷たい空気や乾燥した空気は肺を傷めるので、喘息の子供はとくに鼻呼吸に改善したいものです。


冷たい食べ物・飲み物を控える

アイスクリームイラスト
冷たいジュース・お茶・アイスクリームなどなど、子供に食べさせていませんか?
実は、これが小児アレルギーの原因となっている可能性があるのです!


なぜなら、これらの冷たい食べ物・飲み物は、内蔵を冷やしてしまいます。
内蔵というのは、消化や代謝だけでなく、ホルモンや自律神経などさまざまな重要な働きを担っています。


つまり、内臓の働きが低下してしまうために、小児アレルギーになっている可能性があるのです。


冷たい食べ物や飲み物を絶対に避けて、なるべく温かい物を食べたり飲んだりするように注意してみてください。
小児アレルギーが改善してくるはずです。


体を冷やさない

風邪を引いている女の子

これも、上記と同様に内蔵の働きを低下させないためです。
人間の体は、1℃でも体温が下がると、免疫力が30%以上低下すると言われています。


反対に、平熱よりも1℃体温が上がると免疫力が5〜6倍もアップすると言われています。
免疫力の働きがよくなれば、アレルギーも良い方向へ改善されるのでぜひとも実施して下さい。

食品添加物を食べさせない!

ポテチイラスト
ちゃんと手作りの料理を食べさせてあげていますか?
お菓子・インスタント食品やコンビニの食事は、食品添加物だらけです。


それらを常食していると、腸内環境はどんどん乱れていきます。
腸内環境は免疫力を司っているので、小児アレルギーとも関係してきます。
なるべく、野菜をメインとした手料理を食べさせてあげるよう心がけましょう。


腸内環境を整える

ヨーグルトイラスト

腸内環境を整えるには野菜をたくさん食べさせることです。
お肉は、消化に悪いので少し控えるぐらいのほうが腸にはいいでしょう。


それだけでなく、お菓子や既成品の食べ物など、食品添加物がたくさん入っているものは、食べないようにしましょう!


腸内環境が悪化すると、免疫力が低下します。
それが原因で、小児アレルギーを引き起こす可能性があるのです。
ですから、腸内をキレイにする野菜をたくさん食べて、
腸内を悪化させる食品添加物を避けて、
腸内環境を整えるヨーグルトなどを食べるようにしましょう。


子供でも飲める安全の乳酸菌サプリを見る

ここからは小児アレルギーを持つ親の体験談

呼吸困難で救急車を呼んだことも、、、

救急車イラスト

子供が二人いますが、1人が小児喘息でもう1人がアトピーでした。二人共中学生と高校生になり、症状は落ち着きましたが幼稚園・小学校とかなり苦労させられました。まず、喘息は発作が起きやすくて、その度に呼吸困難になるので夜間救急に行ったりときには、救急車も呼んだことがありました。

 

その度に吸入で難なきを得てきました。小学校高学年になると良い薬が出たので、それで発作はほぼなくなりました。でも今でも短距離走で走ると、ピーピーゼーゼー音がしますから油断大敵だと思っています。アトピーに関しては未だに解決はしていませんが、子供の時のようなかきむしるような痒みは至らなくなりました。でも、目の周りがアトピーで赤くなっていたりと、まだまだ治りそうにありません。

 

アトピーは大人も多い病気なので、子供が大人になれば解決・・というふうにはならないと思います。家で民間療法的に試しているのは、半身浴とか食べ物を野菜中心にするということくらいです、。効果があったのか、なかったのかは分かりません。ただ昔ほどは酷く
ないので多少は効果があったのかもしれません。基本的に皮膚科でステロイドを貰っていますが、これが身体に及ぼす影響を考えると、あまりよくないのは分かっています。なかなかジレンマが多い日々です。

食べ物アレルギーで、子供がすぐに吐く

嘔吐イラスト
小学生になり、給食が始まってから定期的に嘔吐していた息子。
食べて直ぐに気持ちが悪くなるわけではなく、帰宅途中のタイミングでした。
嘔吐下痢や風邪なのかも?と医者に連れて行くと、早速血液検査をしてくれました。
そして、数日後。
検査結果で判明したことは、「アレルギー体質」だということです。

 

主だった食材一つ一つには明確なアレルギー反応が出ていないものの、明らかに高いと思われる食材が多い。
また、花粉も酷くはないし、薬を服用するほどではないけど数値が高い。
これは体質的なもので大人になったら自然に治るかもしれない。
でも、早めに体質改善出来るものなら、生活がずっと楽になる。
そんな診断でした。

 

一番良いのは食事療法で、野菜や果物をたくさん摂って、排出を促すようにすること。
玄米食も良法で、おやつは控えめにしましょうとのこと。
運動もたくさんすると良いと言われました。

 

家族の構成上、お肉を控えめにするとエネルギー不足になりそうな面々なので、私と息子だけ控えめメニューに挑戦しました。
当然、主食は玄米です。

 

ところが1年ほど続けると、息子がどんどんと痩せてしまいました。
身長が伸びるのに、体重が変わらないのです。

 

お医者様に相談すると、「ちょっと無理しすぎかな」と言われました。
まるでダイエット食のようだから、きちんと栄養は確保してあげないと成長に支障をきたすとのこと。
反省しきりです。
生半可な知識では、体質改善は敵いませんでした。

 

いまは体質改善の本で勉強をしたことを取り入れています。
学年が変わった後に受けた血液検査では、アレルギーの数値はかなり改善されていました。
素人考えで取り組むのは危険だと悟った次第です。

3歳までアトピーがヒドイ!大人になるにつれて、、、

アトピーイラスト
娘は現在高校生になりましたが、小さい頃は食物アレルギーとアトピーにずいぶん悩まされました。

 

食物アレルギーで一番困ったのは卵で、小さい頃は全く食べられませんでした。
食事は卵料理以外ですし、おやつは卵抜きのものを探したり、手作りしていました。
大変でしたが工夫すればケーキなども卵抜きで作ることができ、達成感もあったため、楽しみながら作っていました。それと、キウイフルーツは嘔吐してしまったのでそれ以来完全に除去していました。

 

アトピーは3歳児くらいまではじゅくじゅくとひどく、かゆくて夜眠れないようで可哀想でした。
かゆみのためにいつもイライラした癇癪持ちの子どもでした。
対策としては皮膚を清潔に保つこと、皮膚科の塗り薬を塗ることなどしていましたが、劇的に良くなることはなかったです。ルイボスティーも試しましたが、効果は微妙でした。

 

偏食でフライドポテトと牛乳ばかり食べることになってしまったのも、治りが悪かった一因かもしれません。

 

こうしたアレルギーとアトピーですが、成長するにつれてかなり症状は改善されてきました。
卵そのものは本人があまり食べたがらないので食べていませんが、卵の入った加工品は日常生活で食べています。アトピーの方も、乾燥肌や、膝の裏などの色素沈着はみられるものの、かゆみはあまり出ていないようです。結局成長につれて治るものだと思うので、あまり悪化しないようにしつつ気長に付き合っていくしかないのかなと思います。

喘息があるので、エアコンは業者を呼んでおそうじしてます。

喘息イラスト

うちには2人の娘がいるんですが、上の娘が喘息を持っています。
そんなにひどい方ではないと思うんですが、症状を和らげる口からの吸入器はちゃんといつも用意している状態です。
日々の生活もとっても気を使うので結構大変です。
季節の変わり目は注意しないと、ちょっとした風邪から喘息が悪化してしまうことも多々ありますし。
うちは4LDKの間取りなんですが、全部屋に空気清浄機を付けなければいけないし、布団も天気がいい限りは毎日干します。
冬場は毛布も干さなければいけないんです。
布団と毛布を干したあとは、取り込んで掃除機で花粉や黄砂、それから死んだダニの死骸を吸い取ります。
結構毎日となると本当に大変なんですが、夜ごほごほしてなかなか眠れないと本当にかわいそうなので仕方がありません。
またエアコンも年に1回、クリーニング業者を呼んで掃除してもらわないといけないし、布団も年に1回クリーニングに出しています。
とにかく手間とお金がかかるので、喘息のないお子さんをお持ちのご家庭がとっても羨ましいですね。
私は掃除とかあんまりマメな方じゃなかったんですが、長女のおかげで家は誇り一つ無いピカピカの状態をキープしています。
大人になってもこういった状態を続けないといけないとしたら、本人は相当大変だと思いますよ。

 

生後2ヶ月でRS肺炎に!!

乳飲み子イラスト

子供が2ヵ月の時RS肺炎に罹り治ったものの細気管支炎の状態での退院でした。
普通のかぜでも気管支が弱い為咳から来る熱が出てすぐに高くあがります。
その後の検査でアレルギー体質であることがわかり、特にハウスダスト等のホコリに強く反応するとの事でした。
元気で走り回っていたのに古いぬいぐるみの整理をしていたら突然せき込み出して翌日には痰がからんで自力では痰を出す事が出来ない状態まで悪化します。
小児科へ連れていくと何故こんな状態までほおっておいたのかと聞かれますが、数時間前までは元気に学校へ出かけていたので下校途中までに何かに反応したらしいです。
既に何度もアレルギー発作を起こしているので、咳こんできた時は背中に手をあてて肺、気管支の音を伺います。
ぜこぜこいっているようなら小児科へ連れていって吸入をしてやれば直ぐに治まるからです。
今では大きくなって、咳による発熱は少なくなりました。
夜寝ている時にせき込んでいる時は近い内に発作が起きる予兆なので事前にクリニックへ連れていくようにしています。
本人はあまり苦しくないようですが、咳が酷いと吐きそうになるからと咳を我慢しているようです。
ぬいぐるみなどはホコリが溜まるので本人は毎日ファブリーズをかけていますが、用心の為枕元に置く事は禁止にしています。


小児アレルギーお助け体験談はこちら

つらい小児鼻炎アレルギーが、お茶を飲んで治った体験談

鼻炎アレルギーお茶の体験談サイト
小学生の男の子が、漢方薬入のお茶を飲んで
鼻炎アレルギーが改善したという体験談です。
同じ、鼻炎アレルギーの子供を持つ方は参考にしてみてください。


こちら⇒子供アレルギー鼻炎によく効くお茶がありますよ!1ヶ月でスッキリ!

赤ちゃんアトピーの体験談はこちら

赤ちゃんアトピー保湿スキンケアならこれがいいよ!

寝るのもカワイそうだった赤ちゃんのアトピーが
こちらのスキンケアで、みるみる改善していったという体験談です。
同じく、赤ちゃんのアトピーを持つ親御さんは参考にしてみてください。


こちら⇒赤ちゃんアトピー保湿スキンケアならこれがいいよ!